梅雨〜夏ギター快適マニュアル
湿度が高いこの時期。ギターのために次の点に注意しましょう。




室内には湿度計を置き、エアコンや除湿機で湿度約50%から60%ぐらいに保つようにしましょう。


雨の日、外出からギターを持って帰った時は、なるべく早くケースから出しケースの濡れを拭き、中まで湿気が感じられたら、ドライヤーで軽く乾かしましょう。
又、天気の日はケースを2、3時間日陰干しするとよいでしょう。


車での移動時は、かならず、車内(座席)に置き、間違ってもトランクには入れないように。車から離れる時も必ず一緒に持ち出しましょう。
日陰でも車内に置くのは危険です。


風呂上りや、シャワーの後すぐギターを手にするのは止めましょう。
特に
セラック塗装の場合、直接肌に触れると変色するおそれがあります。





市販の湿度調節剤などケースにいれておくと、この時期はギターの為には良いでしょう。

ドライフォルテ¥1080−  ギターペット¥918−

こちらもオススメ!!

「music moisture」
ミュージックモイスチャー

楽器最適湿度保持剤
\2808円

ギターケース用レインコート。雨の日の移動にとても便利!

 
ギターケース用レインコート 雨よけくん¥1944-



夏の汗から守るオススメ!

ギタリストの為に開発された、
演奏用のアームカバー


ギターと接触する腕にはめ、
汗から守ります。
薄く滑らかに作られているので
腕が動かしやすく、快適な付け心地。
大切なギターを汗や傷から守る
ギターカバー。


ギターに被せて使用。
   
スーパー・アームカバー¥1296-  G-Fit ¥9936-


快適なギターライフをお過ごし下さい。

【HOME】