ヘッド    

アントニオ・マリン
2003年 松・中南米ローズ

愛奏者が多いマリン。持った時から音の温かさを感じ、力むことなくリラックスして弾けるのも魅力の一つ。